2月 2018

最も辛いデッドリフト

Posted on 2018-02-02

筋肉デッドリフトは、床に置いてあるバーベルやダンベルを両腕で持ち上げるトレーニングです。単に腕の力で持ち上げるのではなく、太ももの裏の筋肉であったり、お尻や腰、背中など身体の背面の部分を全て使って持ち上げるトレーニングになります。全身を上手に使わないと怪我の原因になりますし、何より効果的なトレーニングができませんので成果が現れにくくなってしまいますので正しいフォームを意識するのがとても重要になってきます。

デッドリフトの初心者は腰を痛めやすいので注意が必要になります。その為、ウエイトトレーニングベルトで腰痛予防をする必要があります。ウエイトトレーニングベルトを助骨と骨盤の間に装着し住めつける事で腹圧を一定にする事ができ、腰に負担をかける量を減らす事ができます。

また、デッドリフトには床に置かずに膝の下辺りまで下して持ち上げるといった動作を繰り返すハーフデッドリフトもあります。またバーベルではなくダンベルなどでも行う事ができますので、スポーツジムでバーベルが中々周ってこないという場合には、ダンベルで応用するといった方法もあります。正しいフォームを掴むのが難しいので、必ずトレーナーの方に見てもらいながら行うようにしてください。